カテゴリー

主の救いを忘れないために

2023年1月29日(日)

11章で次が最後のわざわいであると告げられましたが、この10番目のわざわいは明らかにこれまでの9つのわざわいとは違って特別なものです。主はこの10番目のわざわいを前に、イスラエルの人たちに代々守るべき永遠の掟について教えました。1月29日(日)の礼拝は出エジプト記12.1-28から「主の救いを忘れないために」と題してメッセージです。

過越のいけにえ

 10番目のわざわいを前に語られたこと、それは過越のいけにえを用意することです。この月を年の始まりとし、すべてのイスラエルの人たちはこの月の10日に傷のない一歳の雄の子羊を用意し、14日にその子羊を屠り、その血を門柱と鴨居に塗りました。神様がその血を見て、さばきを過ぎ越すためです。

 イスラエルがエジプトから解放されるために、子羊の血が流されました。このようにしてイスラエルはエジプトから導き出されるのです。

種なしパンの祭り

 過越の14日から21日までの一週間、次は種なしパンの祭りを行います。この期間中は一切働いてはならず、初日と最終日には聖会をひらき、この間は種なしパンを食べます。種なしパンは緊急を想起させます。イスラエルの人たちはこの種なしパンを食べることで、急いでエジプトを出たことを思い出すのです。主はこれらの祭りをこれから先、代々にわたって毎年行うようにと教えられました。

どういう意味があるのですかと聞かれたら…

 代々この祭りをすることで、この出来事を直接知らない子どもたちが、これにはどういう意味があるのかと聞くことでしょう。そのときには「主がイスラエルの子らの家を過ぎ越して救ってくださった」からと答えます。イスラエルの人たちはこの祭りを毎年することで主の救いを忘れないようにしていたのです。

それは裏をかえせば、そうでもしないと神様の偉大な出来事でも忘れてしまうということです。単にその時辛かったことだけではなく、神様の恵みを忘れ、神様への信頼をなくしてしまうのです。私たちがこうして毎週の礼拝をおささげし、聖餐式にあずかり、毎年受難週をおぼえ、イースターを祝うのも主の救いと恵みを忘れないためです。そして、次の世代に残すためなのです。

2月5日(日)の礼拝は、コロサイ人への手紙1.1-8から「福音が成長している教会」と題してメッセージです。

身代わりの犠牲

2023年1月22日(日)

出エジプト記も11章まで来ました。これまで心を頑なにし、イスラエルを去らせようとはしないファラオとエジプトの上には9つのわざわいが降りかかりました。モーセやイスラエルの人たちも今度こそは去らせてくれるのか?いつになったらファラオは首をたてにふるのかと思っていたのではないでしょうか。主はこの11章で、次のわざわいが最後のわざわいになると告げられます。1月22日(日)の礼拝は出エジプト記11.1-10から「身代わりの犠牲」と題してメッセージです。

もう一つのわざわい

 これまでのわざわいで一度は心を変えたかのように見えても、わざわいが去るとまたすぐに心を頑なにするファラオを散々見てきたモーセに、主は「もう一つのわざわいを下す。その後でファラオはイスラエルをエジプトから去らせる。」と語られます。次のわざわいが最後になること、そして自分たちがようやくエジプトから出られることをここでモーセは初めて知らされます。モーセやイスラエルの人たちはいつまで…と思っていることにも神様は終わりを定めておられました。またこれまでの度重なるわざわいは、エジプトの人たちにもイスラエルの神と民を認めさせ、奴隷であるイスラエルの人たちにエジプト人が銀や金の飾りを差し出すようになりました。

長子の死というわざわい

 神様ご自身がエジプトの中に出て行き、おこなわれるわざわいは身分にかかわりなく、人も家畜もすべての長子、初子が死ぬというものでした。そしてこれこそファラオがイスラエルにしてきたことでありました。ファラオは自分の下ことの報いをここで自ら受けることになったのです。ファラオの残忍さ、そして心の頑なさのゆえに、エジプト中の長子、家畜の初子たちは犠牲となったのです。

身代わりの犠牲

 ファラオは自分のしたことの報いとして長子を失うことになりますが、別にもう一人長子が犠牲になりました。神のひとり子イエス・キリストです。イエス様は自分のしたことの報いではなく、私たちの罪の報いを受けてさばきを受けられました。本来私たちが受けるべき報いをイエス様が身代わりとなって引き受けたのです。この大いなる恵みを軽んじることがないようにしましょう。

1月29日(日)の礼拝は、出エジプト記12.1-28から「主の救いを忘れないために」と題してメッセージです。

私の助けは主から来る

2023年1月8日(日)

今日は青年祝福礼拝です。この朝開かれた詩篇121篇は都上りの歌と記されていて、エルサレム巡礼の時に歌い交わされたものですが、この詩篇は巡礼の旅だけではなく人生の旅路にも当てはめて歌われるようになりました。人生の旅路を歩む青年たちに「私の助けは主から来る」という御言葉を送ります。1月8日(日)の礼拝は詩篇121.1-8から「私の助けは主から来る」と題してメッセージです。

私の助けはどこから

 「私は山に向かって目を上げる。私の助けはどこから来るのか。」この言葉だけを見ますと、目の前にある途方もない山々を前に、誰が自分を助けてくれるのか…という不安な気持ちを感じます。事実、巡礼の旅は長く危険を伴うものでした。しかしこの言葉はすぐに「私の助けは主から来る。天地を造られたお方から。」と続きます。神様が確かにここまでの旅路を助けてくださった感謝と信頼がここに込められているのです。

私自身、途中は不安に思うことも、終わってみれば確かに神様はちゃんと助けてくださっていた、もっと神様を信頼すればよかったと思った経験があります。神様は私たちに必要な助けを与えていてくださいます。

神様の守り

 3節以下には神様の守りについて記されています。まず私たちの足をよろけさせないということ。登山において足がよろめくことは場合によっては命に関わる一大事。それは信仰の足も同じことで、よろめかないように私たちはイエス様に祈られ、神様に守られています。さらに神様は眠ることもまどろむこともありません。つまり神様には知らないこと、気づかなかったことはありません。ここで神様はイスラエルを守る方として描かれていますが、イエス様を信じる私たち(イスラエル)にも神様の守りは向けられているのです。

わざわいも

 わざわいから守られると聞くと、何も悪いことが起こらないというイメージがありますが、本当のわざわいとは日常で起こる出来事ではなく、神様を知らないことです。神様は私たちの身に起こることも益としてくださり、このわざわいからも守ってくださいます。神様の守りはいつも私たちの上にあります。

1月15日(日)のホーア師&八重師記念礼拝は、ネヘミヤ記9.1-15から「行くべき道を照らされる神」と題してメッセージです。

それは、聞かせるため

2023年1月1日(日)

新年を迎え、私たちはさまざまな願いや祈りをもって神様を仰ぎます。神様は私たちの祈りを聞いてくださいますが、神様が私たちのためにしてくださるのは何のためでしょうか。1月1日(日)の礼拝は出エジプト記10.1-29から「それは、聞かせるため」と題してメッセージです。

いよいよ8つめの災いが

 エジプトで奴隷生活を送っていたイスラエルの人たちの叫びを神様が聞き、モーセが立てられてファラオにイスラエルを去らせるように訴えますが、ファラオは心を頑なにして一向にイスラエルを去らせようとはしません。そんなファラオのゆえにこれまで7つの災いがエジプトを襲いますが、心を頑なにし続けるファラオに8つめの災い、いなごがエジプト全土を覆うことが宣告されます。その災いがどれほどのものなのかについても書かれていますが、注目したいのは、その出来事が起こる理由を神様が述べているところです。

それは、聞かせるため

 神様がエジプトに対して行ったことをイスラエルの人たちが自分たちの子どもたち、孫たちに語り、神様こそ主であることを知るようになること、そのためにこれらの出来事が起こっているというのです。

昨年を振り返っても主は真実に私たちの祈りを聞いてくださり、慰め、励まし、道を示し、助けを与えてくださいました。しかし、問題の解決や状況の変化それ自体が第一にあるのではなく、そのことを通して私たちを導かれる主を知り、それを人々に伝え、それによって主が知られていくことが求められているのです。その起こった出来事は、神様がどんなお方であると教えているでしょうか。自分自身について何が教えられ、どのようなイエス様の品性を学んでいるのか。これまでの信仰の先輩たちが教え続けてくれたように、私たちもまたそうありたいと思います。

地も天もご支配されるお方

 8つ目の災いに続き、エジプト全土を闇が襲うという9つ目の災いがくだります。いなご(地)も闇(天)も神様のご支配にあり、他のどんなものも力がないこと、神様のご支配にあるものを支配できるものはありません。この神様の目に隠されているものはありません。主を待ち望み、主を証ししてまいりましょう。

1月8日(日)の青年祝福礼拝は、詩篇121.1-8から「私の助けは主から来る」と題してメッセージです。

神様からのクリスマスプレゼント

2022年12月25日(日)

今年はちょうど12月25日が日曜日で、クリスマスの日に礼拝できることを嬉しく思います。当たり前ですが、二度と同じクリスマスを過ごすことはありません。今年は今年の、来年には来年の恵みがあります。だからこそ一年一年、クリスマスを大事に過ごしたいと思います。12月25日(日)の礼拝はヨハネの福音書3.16から「神様からのクリスマスプレゼント」と題してメッセージです。

神は、実に、そのひとり子をお与えになった

 クリスマスと言えば、ツリーやケーキ、イルミネーションなどが思い浮かびますが、中でもクリスマスプレゼントはもらう方はもちろん、あげる方も大きな喜びがあるのではないでしょうか。聖書にも、神様がひとり子を与えた、と書かれています。神様はひとり子イエス様を与えるほどに世を愛されたと教えます。

世を愛された

 愛と聞くと、一般的には魅力を感じている、好意を持っているという意味があります。しかし、ここで聖書の教える神様の愛は、私たちをケアする愛です。ケアというとき、その人を気遣い、その人のために何かをすることを指します。神様は「世」を気遣い、「世」のために動いてくださいました。この「世」とは神様を知らない、信じない、自分が一番と思って生きている人を指します。神様を信じる人を神様はケアされたのではなく、神様を信じない、自分のことばかり考える人たちをケアされた、それが神様の愛なのです。

一人として滅びることなく

 滅びる、とは普段使わない怖いことばですが、破壊されるという意味があります。これは神様が私たちを破壊すると言っているのではなく、私たちは自分で自分を破壊するような生き方をしているという意味です。自分が一番という生き方は、人を傷つけ自分も苦しめてしまいます。しかし、神様は私たちが滅びることがないように、ひとり子を与えてくださいました。私たちがイエス様を信頼し、イエス様と共に歩もうとするとき、私たちは滅びから永遠のいのちへ、自分を壊す者ではなくなり、神様との永遠のつながりをもつ者とされるのです。これがクリスマスを祝う理由です。神様は私たちにひとり子を与えるというケアをしてくださり、神様と共にいることができるようにしてくださいました。神様からのクリスマスプレゼントを感謝して受け取り、また信頼しましょう。

1月1日(日)の元旦礼拝は、出エジプト記10.1-29から「それは、聞かせるため」と題してメッセージです。

幼子イエスに起こった出来事

2022年12月18日(日)

東の方の博士たちがイエス様を礼拝した、というあたたかな情景とは一転、その後に記されているのはヘロデ王により幼子イエス様がベツレヘムからエジプト、エジプトからガリラヤのナザレへと向かう重々しい出来事です。そこでは「語られたことが成就」したと聖書は教えます。12月18日(日)の礼拝はマタイの福音書2.13-23から「幼子イエスに起こった出来事」と題してメッセージです。

ヘロデ王による支配のもとで

 マタイの福音書2章で大きな存在感を示しているのがユダヤの王ヘロデです。ヘロデは新しいユダヤの王を追い、捕まえられないことが分かるとベツレヘムにいた2歳以下の男の子を殺害します。ヘロデ王の支配のもとで、ヨセフたち家族はエジプトへ逃れることになり、小さな男の子たちは命を落とします。

今も結局あの人の言う通り、あの人の身勝手さに振り回されていると思うことがあります。また自分自身もすべてを把握し管理したい思いが行き過ぎていないかと問われます。ヘロデの行動は特別のように見えますが、その思いは誰しももつことがあるのです。

本当に支配していたお方

 しかし聖書はその出来事を本当に支配していたお方を伝えます。それが「成就した」という言葉で記されています。これらの引用されたみことばは、イエスさまがイスラエルの歴史をたどることによって真のイスラエルとしてアブラハム契約を果たされたこと。また慰めをも拒むほどの悲しみも神様はご存知でいてくださること。そしてイエス様が人にあざけられるメシアであることを示しています。人が支配しているようで、実はそこにも神様の御手が伸ばされているのです。

起こる出来事の上には

 そうは言ってもヘロデに比べれば神様の御手は静かなように感じます。ヘロデは残虐な行為をしました。しかしどれほどの残虐さをもってしても、神様の守りは常に上回っていました。私たちもどういう道を通らされるとしても、神様の導きの御手はそこにある。そこでこそ「神が共におられる」ということを知ります。自分でコントロールしようとしていませんか。主に委ねていますか。

12月25日(日)の礼拝は、ヨハネの福音書3.16から「神様からのクリスマスプレゼント」と題してメッセージです。

クリスマスはキリスト・ミサ

2022年12月11日(日)

マタイの福音書2章の前半は、「東方の博士たち」、「三人の博士たち」としてよく知られています。博士たちは幼子イエス様にひれ伏して礼拝をささげました。クリスマスという言葉は、キリスト・ミサ(礼拝)から来ています。クリスマスとはイエス様を礼拝することです。12月11日(日)の礼拝はマタイの福音書2.1-12から「クリスマスはキリスト・ミサ」と題してメッセージです。

星に導かれて

 この東方の博士たちは天文学を学んだ学者たちであったといわれています。彼らは星を見て、ユダヤ人の王としてお生まれになった方を礼拝したい!と、はるばる何千キロの旅をします。ユダヤ人の王だからユダヤの中心であるエルサレムに来ますが、そこにいたのはヘロデ王で、博士たちの言葉に動揺しました。ヘロデ王は祭司長たちや律法学者たちに調べさせ、その王はベツレヘムに生まれるということが分かります。博士たちは星に導かれて、エルサレムからベツレヘムへと旅を続け、無事イエス様にお会いするのですが…。

ベツレヘムへの旅

 生まれたユダヤ人の王にエルサレムでお会いできると思ったら、会うどころか祝われてもおらず、栄えているエルサレムからいなかのベツレヘムに行くことになりました。博士たちはもしかしたら思っていたのと違ったと思ったかもしれません。本当にこんなところにいるのだろうか?そう思いたくなる道を、預言と星が照らし続けます。

2022年も思っていたのと違った、そう感じる出来事があったかもしれません。本当にこの道?しかし神様は確かに私たちを導いておられるのです。

礼拝する博士たち

 ですから星がとまったときはいよいよユダヤ人の王に会えると「この上もなく」喜んだのです。彼らは黄金、乳香、没薬をおささげし、幼子イエス様を礼拝しました。ここでもまた博士たちの予想は裏切られたかもしれません。きらびやかな場所、ふさわしい装いではなかったからです。しかし博士たちはイエス様を礼拝しました。

思い通りではないところにも神様はともにおられ、その先にイエス様がおられると信じて礼拝し続ける旅を私たちも歩みたいと願います。

12月18日(日)の礼拝は、マタイの福音書2.13-25から「幼子イエスに起こった出来事」と題してメッセージです。

あなたを救い、あなたとともにいるために

2022年12月4日(日)

イエス・キリストの系図に続いて書かれているのは、イエス・キリストの誕生についてです。12月4日(日)の礼拝はマタイの福音書1.18-25から「あなたを救い、あなたとともにいるために」と題してメッセージです。

聖霊によって

 ルカの福音書を見るとマリアは御使いから男の子が産まれると告げられますが、このときマリアはヨセフと婚約中でまだ一緒になってはいませんでした。女性だけで赤ちゃんが生まれる?いえ、聖書はマリアがひとりでに身ごもったのではなく、聖霊によって身ごもったと記します。神様の偉大な力によってマリアは身ごもったのです。こうして生まれたイエス様は完全な神であり、完全な人でした。

しかしヨセフはマリアをどう扱うべきか悩み苦しみます。そうして思い悩んでいるときに、ヨセフのもとに主の使いが現われ、神様の言葉を告げるのです。

罪から救うために

 主の使いはヨセフに「恐れるな」と言いました。なぜならこれは神様が導いておられることだからです。さらに主の使いはこの赤ちゃんをイエスと名付けること、そしてこの方がご自分の民を罪からお救いになると告げ知らせます。罪の根本にあるのは、自分は正しい、自分の思い通りにしたいという心です。神様はこうした自分自身の罪に気付かせ、罪をゆるし、ともにいて、どう生きるのかを教え助けてくださいます。

神が私たちとともにおられる

 神様が私たちとともにおられる。それは決して責めるためでもさばくためでも、私たちをロボットのようにコントロールするためでもありません。私たちを罪から救うために私たちとともにいる。闇にいる私たちに光をもたらすためにともにいる。この世界を今も治めておられて完成に導かれる神様が私たちとともにいるのです。

神様がともにおられる恵みは、本当に神様がおられるのか?と思いたくなるときに明らかになります。そこで神様にこそ希望があることを知ります。神様こそ私たちの良き理解者であり、力ある方だからです。罪をゆるす神様とともにいるために心の備えをしていくのです。

12月11日(日)の礼拝は、マタイの福音書2.1-12から「クリスマスはキリスト・ミサ」と題してメッセージです。

イエス・キリストの系図

2022年11月27日(日)

2022年も待降節に入りました。待降節は、12月25日のクリスマス前の4つの日曜日の期間を指します。私たちのために救い主が生まれてくださったこと、そしてキリストがもう一度来られることを待ち望む期間としたいと思います。

新約聖書の最初の1ページは系図から始まります。この系図には何が書かれているのでしょう。11月27日(日)の礼拝はマタイの福音書1.1-17から「イエス・キリストの系図」と題してメッセージです。

アブラハムの子、ダビデの子

 新約聖書の一番初めに書かれているこの系図を見ると、旧約聖書に出てきた人たちの名前が並びます。この系図は、イエス様と旧約聖書とのつながりを示しています。名前を順に読んでいくと、旧約聖書の歴史をたどっていることが分かります。アブラハムは創世記に出てきますが、「アブラハムの子孫によって全世界は祝福される」という契約を神様と結んだ人です。ダビデは「あなたの身から出る子の王国の王座をとこしえまでも堅く立てる」と神様から告げられました。旧約聖書で語られ、待ち望まれて来た方としてイエス様は生まれました。

14代の区切り

 マタイはこの系図をアブラハム、ダビデ、バビロン捕囚、キリストで14代ずつ区切っています。14は7の2倍です。7といえば聖書では完全を意味する数。創造も6日間で行われ、7日目に神様は休まれました。安息です。7が6つあってキリスト、というのは、7が6つあって安息、つまりキリストの誕生が真の安息をもたらすことを教えています。ついにそれが実現する、今がその完全な時であることを示唆しているのです。

4人の女性たち

 この系図には4人の女性たちの名前が出てきますが、よく見ると、義父をだましたり、遊女であったり、異邦人であったり、姦淫の罪を犯していたりする女性ばかりです。なぜこのような人たちが救い主の系図に記されているのでしょうか。それは救い主がこのような弱い者、小さい者を顧み、恥や傷を抱えている私たちのためのお方だからです。神様の愛とは決して立派な人にだけ注がれるものではなく、すべての人に注がれているのです。神様の愛を知るクリスマスとなりますように。祈りをもってアドベントを過ごせますように。

12月4日(日)の礼拝は、マタイの福音書1.18-25から「あなたを救い、あなたとともにいるために」と題してメッセージです。

贈り物の意味

2022年11月20日(日)

今日はピリピ人への最後の部分を読みます。ここにはパウロから、ピリピ教会へのお礼、挨拶、祝福のお祈りが記されています。ピリピ教会はパウロにたびたび贈り物を送っていました。しかしパウロは贈り物そのものではなく、ピリピ教会の心と行為に目を留めています。11月20日(日)の礼拝はピリピ人への手紙4.10-23から「贈り物の意味」と題してメッセージです。

ありとあらゆる境遇を体験したパウロ

 パウロはピリピ教会からの贈り物を喜んでいますが、それは貧しくて困っているからではありません。パウロは貧しくても豊かであったとしても、ありとあらゆる境遇に対処する秘訣を心得ていたからです。パウロの生い立ちを見ると比較的裕福であったようですが、復活のイエス様に出会ってからは文字通り、すべてを手放して宣教旅行に出かけます。今までの当たり前が何もない生活。しかしパウロはそこでイエス様さえいてくだされば大丈夫だと学んだのです。「私を強くしてくださる方によって、私はどんなことでもできるのです。」

求めているのは…

 そんなパウロが求めているのは当然贈り物そのものではなく、ピリピ教会の人たちが贈り物をすることによって霊的な口座に加えられていく実です。ピリピ教会の人たちがパウロを想って祈り届けたものはすべて霊的な口座にたくわえられているのです。決してマイナスになることはなく、私たちのしたことがすべて主におぼえられている口座、そこに実が加えられることがパウロの喜びなのです。また主はそんなピリピ教会の必要も満たしてくださると励まします。

カエサルの家からもよろしく

 手紙の終わりには挨拶と祈りが記されていますが、なんとここにカエサルの家が出てきます。ローマはパウロの働きをとどめようと捕らえたかもしれませんが、それがかえって親衛隊の全員に知れ渡ることになり、カエサルの家に属する人までが福音を聞き、挨拶を交わしているのです。主がともにおられること、これにまさるものはありません。

ピリピ教会はこれらのパウロの言葉を受けて、キリストの福音にふさわしい生活へと歩みだしました。イエス様に全身を向ける姿勢を取り続けたいと願います。

11月27日(日)の礼拝は、マタイの福音書1.1-17から「イエス・キリストの系図」と題してメッセージです。


Copyright © 2010  天授ヶ岡教会 All rights reserved