カテゴリー

神は近い

2022年9月25日(日)

パウロはピリピ教会を「私の喜び、冠よ」と呼びました。(4.1)パウロがピリピ教会をどんなに誇らしく思っていたことがうかがえます。そんなピリピ教会ですが、パウロは二人の婦人を名指しで呼びお勧めをしています。9月25日(日)の礼拝はピリピ人への手紙4.2-7から「神は近い」と題してメッセージです。

同じ思いになれない…

 ピリピ教会には、ユウオディアとシンティケという婦人たちがいましたが、二人は何らかの理由で同じ思いをもつことができませんでした。パウロは二人を「福音のために私と一緒に戦った」と評価したほどで熱心な婦人だったのでしょうが、二人は対立していたのです。同じ思いという言葉は2章にもありますが、そこでは互いに人を自分よりすぐれた者と思うことや、キリスト・イエスにある、ご自分を空しくする思いを抱くようにと語られています。

しかしこの二人の対立は深刻だったのでしょう。パウロは真の協力者にも二人を助けるようにとお願いをしています。それは二人が同じ思いを持つことを助けるということです。現代でも、真面目であり熱心であり、思いがあればあるほどこだわって対立を生むことがあります。そんなとき、内容どうこうよりも二人の関係を修復するような協力者が必要です。協力者になってくれている方々の祈りとことばを受けとめることができるように。神様は何をするか、何を選ぶかよりも、私たちの関係を大事なこととして見ておられるからです

神は近い

 続いてパウロは4つのことを命じています。まず主にあって喜ぶこと。イエス様はいつも自分のために神様がしてくださることを喜んでいました。神様が私を愛し、私を救い、私のために天に報いを備えておられる喜びです。次に寛容な心を示すことです。なぜなら主は近いからです。主は私たちのそばにおられるお方ですし、また再臨が近づいているからです。そして思い煩わないこと、そのためにあらゆる場合に感謝をもって祈りと願いによって神様に願い事を知っていただき続けることです。そのとき、神様の平安が私たちの心と思いを守ります。まるで軍隊が要人を守るように、パトロールするように守ってくださるのです。心と思いを守っていただき、自分を捨てられないことから来る対立を減らすことができるように、イエス様と教会と私とが同じ思いを持てますように。

10月2日(日)の礼拝は、出エジプト記6.2-13から「主という名の神として」と題してメッセージです。

神に背負われて

2022年9月18日(日)

本日は年長者祝福礼拝です。天授ヶ岡教会では75歳以上の教会員の方に、年長者祝福のお祈りをおささげしています。年長者の方が教会におられることは、教会にとって大きな喜びであり、恵みです。今日はコロナ禍もあって全員が集まることはできませんでしたが、これからも人生と信仰の先輩として尊敬と感謝をもって祈り続けたいと思います。9月18日(日)の礼拝はイザヤ書46.3-4から「神に背負われて」と題してメッセージです。

人に背負われる神

 46章の1-2節にはベルとネボという神々の像が荷台に乗せられていく様子が描かれています。今みたいにきれいに舗装されているわけでもない道の上を、動物がこれらの像を乗せて歩いているのですが、今にも像は落ちてしまいそうなほど危険です。これは、何か危険が迫ってきたときに、ベルやネボは自分を信じる者だけではなく、自分自身の像さえも救うことができないということを意味しています。そして反対に人の方が、これらの像を守らなければならないのです。ですから、「疲れた動物の重荷となって運ばれる」と言われています。自分で自分をお世話することができず、人がお世話し、人が持ち運ばなければならない神は、無意味であると聖書は指摘しているのです。

人を背負う神

 しかし3-4節でそれとは全く反対の神が描かれています。それは胎内にいたときから、生まれる前から私たちを持ち運び、年をとっても白髪になっても変わらず私たちを背負って救い出すと言ってくださる神様です。

神様に背負われている、そのことを「あしあと」という詩にしたためたマーガレットという女性がいます。この詩で、女性はある日夢を見ます。そこには主と歩いた二つの足跡がありましたが、一番つらく悲しいときにその足跡は一つになっていました。共に歩むと約束された主がどうして自分を捨てたのか、とこの女性は質問します。主の答えは「わたしは決してあなたを捨てたりはしない。足跡が一つだったとき、私はあなたを背負って歩いていた。」でした。後にこの女性は大きな事故に見舞われますが、そのときに自分が若い時につくったこの詩を紹介されます。主は真実で大きな慰めと励ましを注がれたのでした。

これまでも私たちを背負っていてくださった主はこれからも変わらず背負ってくださいます。

9月25日(日)の礼拝は、ピリピ人への手紙4.2-7から「神は近い」と題してメッセージです。

私に倣う者となってください

2022年9月11日(日)

「兄弟たち。私に倣う者となってください。」とパウロはピリピ教会へと語りました。ピリピ教会にはパウロというお手本が与えられていましたが、パウロに倣うとは何を意味するのでしょうか。9月11日(日)の礼拝はピリピ人への手紙3.17-4.1から「私に倣う者となってください」と題してメッセージです。

国籍が天にある私たちと地上のことだけを考える者たち

 「私たちの国籍は天にあります。」この有名な御言葉は、私たちがやがていつか天に向かうというだけでなく、今、すでに天に国籍を持っていることを意味しています。しかし前節には「地上のことだけを考える者たち」が対比として出てきます。彼らはキリストの十字架の敵として歩んでいるとも言われています。キリストの十字架を認めない、それは欲望を神とする生き方で最後は滅びであると教えます。パウロはこの2種類のタイプを上げて「私に倣いなさい」と語ったのでした。

私に倣う者となってください

 パウロは決して自分が完全で完璧だから倣う者となるようにと言ったのではありません。パウロが倣ってほしいこと、それは自分にとって得であったものをキリストのゆえに損と思うようになったこと、イエス様に出会った、これよりも勝るものはないと考えていることです。さらにこれほどキリストと口にしながらも、すでに得たわけでも完全にされているのでもなく、ただ捕らえようと追求して前のものに向かって身を伸ばしていることです。完全でも完璧でもない、けれどキリストに捕えられキリストを捕らえようとしているその生き方に倣ってほしいと語ったのです。もし私たちが日々少しでもキリストを捕らえようとしているのなら、それがパウロに倣うことなのです。

「私に倣う者となってください」

 パウロだけではなく私たちはたくさんの教会の先輩方に祈られ、助けられ、たくさん忍耐していただき、先輩方を倣うことによって成長してきました。そしてこれからも倣っていきたいと思うと同時に、自分が倣うだけではなくて、私自身も「私に倣ってください」と言える者であったら幸いだと思います。完璧な姿ではなく不完全ながらもイエス様を捕らえ続ける歩みを私も、教会も示すことができますように。

9月18日(日)の礼拝はイザヤ書46.3-4から「神に背負われて」と題してメッセージです。

まだまだこれから

2022年9月4日(日)

9月を迎えました。秋の大きな行事の一つに運動会があると思いますが、今日の聖書の箇所にも「賞をいただくために、目標を目指して走る」といった言葉が出てきます。パウロは信仰生活をこのレースにたとえて捉えていました。9月4日(日)の礼拝はピリピ人への手紙3.12-16から「まだまだこれから」と題してメッセージです。

すでに捕らえたとは考えない

 7節からパウロは何度も「キリスト」と書き綴りますが、そのあとに出てくるのは「すでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもない」という言葉です。パウロはキリストを知っていましたが、それでもう十分だ、すでに得たとは考えていませんでした。パウロほどキリストを知っていてもすでに完全にされているのではないと言うのです。ただ捕えようと追求している、それはキリストがそのように自分を捕らえてくださっているからだと言うのです。

うしろのものを忘れ、前のものに向かって身を伸ばす

 キリストを捕らえようとしているパウロは、うしろのものを忘れ、前のものに向かって身を伸ばしている状態です。この「身を伸ばす」という言葉は、ランナーが最後ゴールするときに少しでもゴールテープに体を近づけて傾ける、その姿を表しています。それはこれまでよりさらに、もっとイエス様に近づき、イエス様に傾く姿勢。それが目標を目指して走る走り方なのです。

その目標とは、キリスト・イエスにあって神が上に召してくださるという、その賞をいただくことです。そのようにキリスト・イエスが私を捕らえているのです。イエス様のとりなしと助けがあったから今までも走って来ることができたし、これからも走り続けることができるのです。

大人はこのように考えます

 十分に成長している大人のクリスチャンはこのように、つまり、自分はまだまだこれからで、キリストになお自分を傾けていくことを考えるというのです。これまでの知っていること、分かっていることに留まる方が楽で安心しますが、それは身を伸ばしていることにはなりません。キリストに身を伸ばすというレースを完走するようにイエス様が捕らえていてくださいます。共に走り抜くお互いであり、教会でありますように。

9月11日(日)の礼拝は、ピリピ人への手紙3.17-4.1から「私に倣う者となってください」と題してメッセージです。

今に分かる

2022年8月28日(日)

「主よ、なぜ、あなたは…ひどい目にあわせられるのですか。…あなたは、あなたの民を一向に救い出そうとはなさいません。」(5:22-23)このモーセと似たような思いを抱いたことがあるのではないでしょうか。神様は何とお答えになったのでしょう。8月28日(日)の礼拝は出エジプト記5.1~6.1から「今に分かる」と題してメッセージです。

ファラオ対…

 いよいよファラオの前に立つモーセとアロンですが、二人の言葉にファラオは一切耳を傾けません。ファラオは答えます。「主とは何者だ。私がその声を聞いて、イスラエルを去らせなければならないとは。」実はここで描かれているのは、ファラオ対モーセではなく、ファラオ対イスラエルの神です。ファラオは、イスラエルの神ではなく自分のことばに従わせようとしました。

奴隷生活のもたらしたもの

 さらにファラオはイスラエルの民がこれ以上反抗することがないように、れんが作りに必要な藁も自分たちで集めるようにと命令します。なんてファラオはひどいんだろうと思いますが、イスラエルの民は素直にその言葉に従います。長い間、奴隷状態であったイスラエルの民にとってファラオの言葉は「神」の言葉でした。ファラオに支配されることにイスラエルは慣れてしまい、イスラエルの神様の言う言葉に聞き、従うことには慣れていませんでした。

ファラオの言葉通り、藁の代わりに刈り株集めから始め、これまで通りの量のれんがを作るということはイスラエルにとって非常に困難でした。そこでイスラエルの人たちは叫ぶのですが、叫んだ相手は神様ではなくファラオでした。神様に期待するよりもファラオにどうにかしてほしいと期待したのです。

今に分かる

 その叫びがファラオに聞き入れられなかったイスラエルの人たちはモーセのもとへ行き不平を述べます。このような状況の中でモーセだけが神様に問うたのです。主よどうしてですかと。神様の答えは「今に分かる」でした。神様が強い手をもってファラオを動かすと答えられたのです。神様の強い手だけがファラオを動かすのです。私たちも主が強い手をもって事を動かされることが今に分かると信じたいと思います。

9月4日(日)の礼拝は、ピリピ人への手紙3.12-16から「まだまだこれから」と題してメッセージです。

わが子を救う神

2022年8月21日(日)

8月は普段なかなか会えないでいる家族や親族に会う季節の一つではないでしょうか。神さまにも家族があります。それは私たちですが、今日の箇所でも神様は「イスラエルはわたしの子、わたしの長子」と言いました。家族を大切にされる神様が、ご自分の子をどのように扱われるのか、そしてここから私たちへの思いを受け取りたいと思います。8月21日(日)の礼拝は出エジプト記4.18-31から「わが子を救う神」と題してメッセージです。

エジプトへ

 18節からはいよいよエジプトへ向かってモーセが足を踏み出す場面になります。モーセはまずしゅうとイテロのもとへ行き、イテロはモーセ家族を送り出します。19節では神様もモーセを送り出します。それはモーセのいのちを狙っていたファラオが亡くなった時でした。さらにモーセは神の杖を持っていますが、モーセ自身何も変わらなくても、この神の杖によって、今までモーセができなかった出エジプトが進んでいくことになりました。

イスラエルはわたしの長子

 主はモーセにファラオの前で不思議なしるしを見せるように言いますが、主はファラオの心を頑なにすると言われます。これには目的があるのですが、それは明かされず、ここではファラオに語る言葉が与えられます。それが「イスラエルはわたしの子、わたしの長子である」という言葉です。イスラエルは神様の子であってファラオのものではありません。そして我が子を思う神様の愛は、ファラオがイスラエルにしたことがそのままファラオ(エジプト)に起こると言われるほどのものでした。これは後に過越しとして実現します。

家族とされた重み

 神様に選ばれたモーセが神様に殺されそうになるという出来事も、モーセが息子に割礼をほどこしていなかったことが背景にあると考えられています。妻ツィポラは息子に割礼を施しその血をモーセに塗ることでモーセは救われました。神の家族となるために血が流されたのです。私たちも神の家族とされるために、私自身ではなくイエス様の血が流されたのでした。

今も私たち神様の子どものために、父なる主はどんなことをしてくださっているでしょうか。一見不可解であっても、神様の子どもを思う愛は深いのです。

8月28日(日)の礼拝は、出エジプト5.1-6.1から「今に分かる」と題してメッセージです。

神様はこう働かれる

2022年8月14日(日)

神様がいるのなら、この日本の、この世界の、この私の問題に直接分かりやすく助けてほしいと思うかもしれませんが、聖書が記す神様の姿とは、神様が直接前面に出て何かをするということではなく、人を通して働かれるという姿です。8月14日(日)の礼拝は出エジプト記4.1-17から「神様はこう働かれる」と題してメッセージです。

しるしで励ます神様

 イスラエルの人たちが自分を信じてくれるのか恐れるモーセに対して、神様は、杖が蛇になる、手がツァラアトに冒される、ナイル川の水が血に変わるという3つのしるしをモーセに示されます。それはイスラエルの人たちがこれらのしるしによってモーセを信じるためであり、モーセ自身も確信をもったことでしょう。神様はモーセの不安を小さく思わず、しるしを与えることでモーセを励まします。

口を通して励ます神様

 次にモーセは「私はことばの人ではない、口が重く、舌が重い」と言いますが、神様の答えは「人に口をつけたのはだれか。わたしがあなたの口とともにある。」でした。私たちの口、目、耳とともに神様は働かれるというのです。私たちがクリスチャンとして、忠実に、真実に、誠実に生きようとするときに神様が私たちの口とともにあって言うべきことを言えるように助けてくださるのです。私個人、何度もこの御言葉に励まされてきました。私の語る言葉は特別なことでも大したことでもありませんが、神様がこの口を通して働いてくださるのならば、神様のことばがそこで語られると信じているからです。

備えで励ます様

 モーセはここに至っても「どうか他の人を遣わしてください」と懇願します。神様はそんなモーセに向かって怒りを発せられますが、それは見捨てることを意味しません。むしろ、アロンがいると、助け手を備えられるのです。神様はモーセの恐れにどこまでも寄り添い、答え、励ましておられます。出エジプト記はこのような神様と私たち人とのやり取りが細かく書き残されています。それは私たちの弱さに寄り添う神様の姿を示し、私たちが信頼して従うためなのです。主が私たちの口を通して今週も働かれることを受け止めて歩めますように。

8月21日(日)の礼拝は、出エジプト4.18-31から「わが子を救う神」と題してメッセージです。

神様の名前を知っている

2022年8月7日(日)

聖書を読むと、神様にも名前があることが分かります。神様は神ですから誰かに造られたわけでも誰かからお生まれになったわけでもないので、誰かが名付けたというのではありません。神様はご自分で名乗られます。そしてその名前には、ご自分はこういう者であるという意味が込められています。神様の名前と意味とは何でしょうか。8月7日(日)の礼拝は出エジプト記3.13-22から「神様の名前を知っている」と題してメッセージです。

名前を問うモーセ

 神様に「わたしの民、イスラエルの子らをエジプトから導き出せ」と言われたモーセですが、イスラエルの人々はそれを信じるのか、ついて来てくれるのか、本当にそんなことができるのか、導き出せと言われるあなたは一体どんな方なのか、この答えを求めて神様に名前を問います。神様の名前を聞くということは、神様がどんな存在であるか、どんなことをなさるのかを聞くことでもありました。

名前を明かされる神様

 神様は「わたしは『わたしはある』という者である」と答えられました。これは神様が意志もって行動し、それを実現するという意味があります。ここでの神様の意志とは、イスラエルの人々と共にいて、働き、イスラエルの人々をエジプトから解放し導き出すというものでした。神様は、ご自分があなたがたと共にいて、働き、導くという名前の神だと答えられたのです。

さらに「あなたがたの父祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神、主」という名前も明かされました。アブラハム、イサク、ヤコブと契約を結びそれを果たす神であると教えられたのです。

名前の通りの神様

 神様はこの後、ファラオに語る言葉やその反応、そしてエジプトに起こることを告げられます。ファラオは簡単には去らせないが、神様は手を伸ばし最終的にはエジプトから手ぶらで出て行くことはないと約束されます。モーセはファラオとのやり取りを通して神様の名前が真実であることを知っていくのです。

あなたと共にいて、あなたのために働き、あなたを導き、あなたとの約束を守るという名前をもった神様を私たちは礼拝しています。主に信頼しましょう。

8月14日(日)の礼拝は、出エジプト4.1-17から「神様はこう働かれる」と題してメッセージです。

キリストには代えられません

2022年7月31日(日)

今まで価値があると思っていたのに実はそんなに価値がなかった…、あるいはもっと価値があることが分かった…という経験はあるでしょうか。パウロは「自分にとって得であったこのようなすべてのものを、キリストのゆえに損と思うようになりました」と告白します。いったいどれほどの価値をキリストに見いだしたのでしょう?7月31日(日)の礼拝はピリピ人への手紙3.1-11から「キリストには代えられません」と題してメッセージです。

気をつけなさい

 パウロは三度「気をつけなさい」と注意を促します。その相手とは「肉体だけの割礼の者」です。ユダヤ人は神様との契約のしるしとして割礼を受けていましたが、割礼を受けなければ神様に認められない、イエス様を信じた異邦人であっても割礼を受けなければならないと教えていました。確かに先祖代々、大事にしてきた割礼です。今まで大事とされてきたことを簡単に変えることができません。しかしパウロはこの教えを非常に警戒し、神の御霊によって礼拝し、キリスト・イエスを誇り、「肉」に頼らない私たちこそ割礼の者であると言います。

キリストを知っているすばらしさ

 それはパウロが「肉」を誇れないからではありません。パウロはここで自分の「肉」自慢をしています。それはパウロにとって大きな誇りです。パウロもこれらは自分にとって得であったと言います。しかしパウロにとって一番自慢できるもの、得だと思うものに出会いました。イエス・キリストです。今まで自分はつまらないものを誇り自慢してきたと思うほど、イエス様の価値を見出したのです。パウロは自分の義を得るために努力もし経歴を積み重ねてきました。しかしイエス様は自分の義を得ようとする考え方を終わりにしてくださったのです。そしてキリストをただ信じて義を受け取る恵みを与えてくださったのです。

キリストとその復活の力を知る

 さらにキリストとその復活の力を知り、キリストの苦難にもあずかって復活に達したいと言います。私たちも日常で、このイエス様の復活の力を必要とするような出来事や人に出会います。神様がイエス様を復活させた同じ力を注いでくださるよう待ち望みたいと思うのです。その希望はやはりイエス様以外からはきません。イエス様を知っているすばらしさには何も代えられないのです。

8月7日(日)の礼拝は、出エジプト3.13-22から「神様の名前を知っている」と題してメッセージです。

キリストに賭けた人

2022年7月24日(日)

ピリピ人への手紙にしか名前が記されていないエパフロディトですが、ピリピからパウロのもとへ贈り物を届けた人として描かれています。そして届けただけではなくしばらくパウロのもとにいてお手伝いをしたり身の回りのお世話をする予定でした。今日はこのエパフロディトに注目します。7月24日(日)の礼拝はピリピ人への手紙2.25-30から「キリストに賭けた人」と題してメッセージです。

病気になったエパフロディト

 ピリピ教会から祈られ託されて送られたエパフロディトでしたが、パウロのもとで病気になってしまいます。しかも死ぬほどの重い病気です。

祈られて任されてパウロのお手伝いをするはずが、かえってお世話されることになり、たくさんの人に心配と迷惑をかけ、祈られているのにその期待にこたえることができなかった。エパフロディトは、自分が病気になったことよりも、ピリピ教会にそのことが伝わったことをとても気にしました。

パウロの見たエパフロディト

 しかしパウロはそんなエパフロディトのことを「私の兄弟、同労者、戦友」と呼びます。パウロが3つ並べて呼んでいるのはエパフロディトだけで、共に働いた人、一緒に戦った人と呼んだのです。そして「彼はキリストの働きのために死ぬばかりになった」とも。手紙でエパフロディトについて書かれているのは病気になったことです。しかし結果として起きたことではなく、キリストのために動いたことを、キリストのために働いたとパウロは評価したのです。

キリストに賭ける

 神様はエパフロディトを病、そして死という悲しみに悲しみを重ねることはなさらず癒してくださったので、パウロは彼をピリピ教会に送ると言います。そのときには喜びをもって迎え入れるように、尊敬するように、なぜならいのちの危険を冒してまでも仕えたからだと言います。エパフロディトはいのちを賭けました。キリストに賭けたのです。

イエス様を仰ぎ、従う中で、思うような結果にならなかったとしても、主は結果ではなく取り組んだそのことを見ていてくださいます。信仰を働かせ、愛することを選び、希望を持ち続ける歩みを積み重ねてまいりたいと思います。

7月31日(日)の礼拝は、ピリピ人への手紙3.1-11から「キリストには代えられません」と題してメッセージです。


Copyright © 2010  天授ヶ岡教会 All rights reserved