カテゴリー

神様は見捨てておられない

2022年6月19日(日)

今日は父の日です。私たちが今、礼拝している神様が父なる神様であることをイエス様は教えてくださいました。「父」なる神様には、神様がすべてのものの第一の起源であること、また神様は善で、神の子どもたちを愛をもって配慮するお方だと言う意味が込められています。今日の箇所にも神様の子どもたちを愛する神様のお姿が記されています。6月19日(日)の礼拝は出エジプト記2.11―25から「神様は見捨てておられない」と題してメッセージです。

ミディアンに住むことになったモーセ

 22節にはモーセがミディアンの地で寄留者として過ごすようになったことが記されています。なぜモーセはミディアンに住むことになったのでしょうか。

モーセが大人になったとき、一人のエジプト人がへブル人を打っているのを目撃します。モーセは正義感をもってへブル人を助けるためエジプト人を殺してしまいました。次の日、今度は二人のへブル人が争っていました。仲裁に入りますが「だれがお前をさばき人として任命したのか。あのエジプト人を殺したように、私も殺すのか」と言われてしまいます。へブル人を助けようとしたことが、同じへブル人に理解されない。またエジプトからはエジプト人を殺した危険人物としてマークされてしまう。そこでモーセはエジプトの目が届かないミディアンの地へ逃げていくのです。モーセはそこで結婚し家庭を築きます。

へブル人の祈りを聞かれる神様

 何年も経って、へブル人を苦しめたファラオが死にました。しかし次のファラオも相変わらずへブル人を苦しめます。彼らはその辛さと苦しみのあまり泣き叫びますが、この祈りの声が神様に届きます。

神様とはどういうお方でしょうか。それは私たちの祈りを聞き、私たちの状況を見、私たちのことを心に留められる神様です。神様はへブル人を救うため行動を起こされます。このとき神様が選んだのがモーセでした。

 かつてモーセは自分の手で(自分の方法で)へブル人を助けようとしましたが、それは理解されずうまくいきませんでした。神様はそんなモーセを用いて、ご自分の手で(神様の方法で)へブル人を救おうとされます。神様に従う、神様に聞くということは、自分のやり方を通さないということでもあります。自分で頑張ってどうにかしようとするよりも、神様の言葉に聞く者でありましょう。

6月25日(日)の礼拝は、出エジプト記3.1-12から「神様はあなたとともにいる」と題してメッセージです。

モーセ誕生の背景

2022年6月12日(日)

私たちが信じている神様。この世界を造られ、全世界、全人類に向かって「わたしが神である」と言われるお方はいったいどのようなお方で、どんな力をもってどんな風にお働きをなさるのでしょうか。旧約聖書の物語には、色々な出来事を通してご自分を現される神様のお姿が記されています。6月12日(日)の礼拝は出エジプト記1.1―2.10から「モーセ誕生の背景」と題してメッセージです。

イスラエルが置かれていた状況

 出エジプト記はイスラエルの民がエジプトから導き出されるというストーリーです。このときイスラエルの民はエジプトの地で苦しんでいました。

エジプトの地で、エジプト人よりもイスラエルの民が増え強くなっていることに危機感を感じたファラオは、イスラエルの民に対して重い労働を課します。さらに男の子の赤ちゃんが生まれないよう助産婦に殺せと命令します。男の子が生まれ育たなければ民族としては滅亡の危機です。しかし助産婦はファラオではなく神様を恐れ、男の子を守ります。ついにファラオは、生まれた男の子はナイル川に投げ込めと命じます。イスラエルの民は危機的状況にありました。

迫害の中で生まれるモーセ

 国として一番危ないときに生まれたのがモーセです。モーセはナイル川に置かれますが、王女に引き上げられ、姉によって実母に育てられ、乳離れしてからはエジプトの王女の子として成長していきます。

「神様」と書かれていなくても

 ここには神様が大きく何をしたとは書かれていません(助産婦に報いるのみ)。むしろファラオの方が大きく書かれていますが、神様は何もしておられないのではありません。イスラエルが重労働で苦しむときも神様は民を守り増やされました。助産婦が命がけで子どもを守った行動にも報い、モーセの命も救われました。そして後のみわざに向かって備えを進めておられます。

神様が分からない、見えないと感じることがあっても、ここでもそうであるように、神様は必ずそこにおられ、目を留めていてくださることを信じて主を仰ぎましょう。そして本当に恐れるべき方、私たちの主は誰かを知り、神様自ら私たちに示しておられるお姿を、お働きを、その力を知って信じることができますように。

6月19日(日)の礼拝は、出エジプト記2.11-25から「神様は見捨てておられない」と題してメッセージです。

聖霊によって進もうではありませんか

2022年6月5日(日)

今日はペンテコステです。約2000年前のこの日、弟子たちは聖霊に満たされ、イエス様の福音を語り、信じる者が起こされ、教会が誕生しました。聖霊の働きはこの時だけでなく、今も続いています。6月5日(日)の礼拝はガラテヤ人への手紙5.16-26から「聖霊によって進もうではありませんか」と題してメッセージです。

肉のわざ

 今日の箇所では御霊によって生きることと御霊でないものによって生きることが対照的に描かれています。御霊ではないものは肉と呼ばれ、性的な、宗教的な様々の罪のリストが記されています。似た表現がコリント人への手紙にもありました。そこでは分裂分派を起こしている人に向かって、パウロは肉の人、ただの人と言っています。このガラテヤ人への手紙もよく見ると、人との関係における罪が一番長くリストアップされています。もし私たちの間に敵意や争い、憤りがあるのなら、それは肉の人だということです。

御霊の実

 パウロはこの肉のわざを望まないのであれば、御霊によって歩むように教えています。御霊には色々な呼び名(働き)があります。御霊が私たちに与えるものは、「愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制」です。この実はそれぞれバラバラではなく御霊の実の色々な面を表しています。そしてこれはあくまでも御霊が実らせる実であるということです。これらはまさにイエス様のご性質で、それはイエスの御霊によって与えられるのです。

御霊によって生きているのなら、御霊によって進もう

 御霊によって生きるとは、イエス様を信じる私たちの内に聖霊が働いておられることを信じることです。自分の感覚ではなく御言葉によって信じるのです。御霊によって進むとは、意識的な行為です。私の思いを御霊に合わせることです。この進むという言葉には軍隊が整列して進む言葉が使われています。御霊と私がピッタリ揃って進むイメージです。これも私の思い、時ではなくて、聖霊に合わせていくのです。聖霊は助け主で、いつでも私たちを助けてくださいます。肉のわざは自分も人をも苦しませます。私たちを苦しみから解放するために、聖霊が与えられました。感謝して聖霊の言葉=御言葉に聴きましょう。

6月12日(日)の礼拝は、出エジプト記1:1-2.10から「モーセ誕生の背景」と題してメッセージです。

福音生活

2022年5月29日(日)

これまで、私が、私の、と自分の近況を報告していたパウロですが、ここからあなたがたが、あなたがたに、とピリピの教会の人たちへと話が変わります。パウロがピリピの教会の人たちに奨めていること、それは「ただキリストの福音にふさわしく生活しなさい」ということでした。福音にふさわしく生活すると…?5月29日(日)の礼拝はピリピ人への手紙1.27-30から「福音生活」と題してメッセージです。

福音にふさわしく「生活する」

 京都市に住んでいる人は京都市民として生活します。京都市の様々な手当を受けることができると同時に、京都市のルールや義務も果たさなければなりません。よく分からないから今まで通り…というわけにはいきません。イエス様によって救われた私たちも、イエス様に救われ、天に国籍がある者として生活します。今まで通りではなく、キリストの福音を聞き、キリストの福音にあずかった私たちは、キリストの福音を聞いて信じているように生活をしていくのです。

そうすれば…霊を一つにして堅く立つ

 「そうすれば…こう聞くことができるでしょう。あなたがたは霊を一つにして堅く立ち、福音の信仰のために心を一つにしてともに戦っていて…。」霊を一つにして堅く立つことができるようになることをパウロは願っていました。

どんなことがあっても脅かされることはない

 パウロはここで反対者たちの存在と苦しむことを取り上げています。どちらも私たちの信仰を脅かしかねないものです。このとき、私たちが一つとなって堅く立てず、励まし合えなかったとしたら、助け合えなかったとしたら、祈って支えることがなかったとしたら、私たちはこの闘いに負けてしまうかもしれません。私たちは神様を見上げさせてくれるお互いが必要です。どんなことがあっても脅かされない姿の与える影響は大きいです。自分もそんな牧師でありたいと思いますし、天授ヶ岡教会がそのような教会であり続けてほしいと心から願います。

私たちどんなことがあっても脅かされることのないように、福音をさらに知り、福音にふさわしく生き、いつのときにも一つとなって堅く立つことができることを求めていきましょう。

6月5日(日)の礼拝は、ガラテヤ人への手紙5:16-26から「聖霊によって進もうではありませんか」と題してメッセージです。

私の願いより大事なこと

2022年5月22日(日)

自分が牢に入れられても福音が前進していくことを喜ぶパウロ。パウロにとってキリストが伝えられてくことは何よりも大事なことでした。自分の生死よりも…。実はパウロは世を去って早くキリストのもとに行きたいとさえ思っていました。手紙にはこのときのパウロの葛藤が綴られています。5月22日(日)の礼拝はピリピ人への手紙1.22-26から「私の願いより大事なこと」と題してメッセージです。

パウロの願い

 パウロは「どちらを選んだらよいか、私にはわかりません。私は、その二つのことの間で板ばさみとなっています」と告白しています。パウロが板ばさみとなっていたのは、生きて伝道の働きを続けることと、世を去ってキリストのもとへ行くことです。そして世を去ってキリストのもとへ行く方がはるかに望ましいとまで言っています。これは決して今の境遇からの逃避ではなく、自分と出会い、自分を愛してくれるイエス様のもとへ早く行きたい、早くお会いしたい、イエス様とともにいたいという気持ちです。イエス様への思いをどれほど募らせていたか伺えます。

あなたがたの必要のため

 しかしパウロは自分の願いを選ばず、「あなたがたの必要」を選びます。すなわち、ピリピの教会の人たちの信仰の成長と喜びのためには生きて一緒にいることがもっと必要なことだと考えたのです。そしてきっと主はそのようにしてくださると確信をもっていました。「私の願い」としては世を去ることであるが、「あなたがたの必要」のためには、生きてあなたがたのところに行くことだと語っています。

私の願いよりも大事なこと

 よく読みますとパウロは本当にこの二つのことの間で揺れ動いています。しかし最後にはピリピの教会の人たちの必要を選びます。私たちが日常でこのような葛藤をすることはあまりないかもしれませんが、自分の願いを一つ下げて、目の前の方のための必要を選ぶことができたら幸いです。

主は労苦を無駄になさいません。目の前にいる方の必要のために時間を、物を、自分を用いていくことができますように。

5月29日(日)の礼拝は、ピリピ人への手紙1:27-30から「福音生活」と題してメッセージです。

マイナスのことがプラスに

2022年5月15日(日)

12節からパウロの近況報告が始まります。パウロにはピリピの教会の人たちに知ってほしいことがありました。5月15日(日)の礼拝はピリピ人への手紙1.12-21から「マイナスのことがプラスに」と題してメッセージです。

パウロの身に起こったこと

 使徒の働きを見るとどんな危険も顧みず福音を語っていたパウロの姿があります。このときパウロはいよいよ捕まり牢の中にいました。それだけでも大きな出来事ですが、さらにパウロを苦しめるものとして、善意からではなく、党派心からキリストを伝える人たちがいました。善意からキリストを伝える人たちは、いまやパウロが捕まったことを機に、自分たちが伝えよう、守ろうと愛の動機をもって活動していましたが、党派心からキリストを伝える人たちは、自分たちの勢力を拡大し、パウロを苦しめるために活動していました。

指導者が牢に入れられ、その周りの人たちは2つに分かれている…。客観的に聞いたならなんという不幸かと思います。「私の身に起こったこと」はマイナスの出来事でしかありません。

かえって

 しかしパウロは言います。「私の身に起こったことが、かえって福音の前進に役立った」のだと。この「かえって」という言葉は、予想とは反対のことになったという意味です。神様はパウロの投獄をマイナスにとらえてはおられませんでした。イザヤ書55.9に「天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い」と言われている通りです。牢にいることも、争いがあることも、主はもっと高いところからご覧になり、人の思いや考えを超えてご自分の働きを進められるのです。

福音の前進に役立った

 パウロの投獄を主は用いて、親衛隊全員に知らせ、キリストを伝える人たちを起こされました。パウロの願いは一つ、生きるにも死ぬにも、牢にあってもそうでなかったとしても、キリストがあがめられること。神様はマイナスと思える出来事をプラスに、キリストが伝えられるという福音の前進に役立てられました。

私たちの身に起こるすべてのこと、マイナスに思えることをも福音の前進に役立てられる主に今週も祈りと期待をもって歩んでいきましょう。

5月22日(日)の礼拝は、ピリピ人への手紙1:22-26から「私の願いより大事なこと」と題してメッセージです。

私はこう祈っています

2022年5月8日(日)

「祈る」ということ自体は誰にでもあると思いますが、誰に祈るか、何を祈るかはそれぞれ違ってくるのではないでしょうか。今日はパウロの祈りに目を留めます。5月8日(日)の礼拝はピリピ人への手紙1.3-11から「私はこう祈っています」と題してメッセージです。

あなたがたすべてのために祈る

 祈りと言えば自分や自分の家族、自分に関わる人のために祈ることが多いのではないでしょうか。しかしパウロは自分のためでなく、ピリピ教会の人たちを思い、祈ると感謝と喜びがあると言っています。誰かのために祈る、また自分が祈られているということそのものがとてもすごいでことです。私たちの内に働く神様の霊が祈りを導き、祈られている幸いを教えてくれます。

ともに携わってきたことを感謝する

 パウロはピリピ教会の人たちが福音を伝えることにともに携わってきたことを感謝しました。しかし聖書にはピリピ教会の人たちが、パウロの伝道旅行について行ったとか、同じように投獄、福音を弁明し立証したことがあるとは書かれていません。実際は「ともに」行っていないにもかかわらず、パウロが「ともに」と言ったのはピリピ教会がパウロのために祈りとささげものをもってサポートしていたからです。パウロは一人で戦っているのではないことを知っていました。

私たちも普段はそれぞれ場所や状況は違いますが、祈るとき「ともに」立っていることをおぼえます。祈られている、これは私たちにとって大きな励ましであり力です。

大切なことを見分けることができるように祈る

 パウロは「キリストの日に備えて」「神の栄光と誉が現わされ」るために、愛がいよいよ豊かになって大切なことを見分けることができるようにと祈りました。私たちもやがて主の前に立つときを見据えて、本当に大切なことを見分けることができるように神様に求めて行きたいと思います。

5月15日(日)の礼拝は、ピリピ人への手紙1:12-21から「マイナスのことがプラスに」と題してメッセージです。

私の中心にあるもの

2022年5月1日(日)

ピリピ人への手紙は、差出人、宛先、挨拶から始まります。このとても短い3つの部分すべてに、「キリスト・イエス」とか「主イエス・キリスト」という言葉が入っています。5月1日(日)の礼拝はピリピ人への手紙1.1-2から「私の中心にあるもの」と題してメッセージです。

キリスト・イエスのしもべから

 この手紙を書いたパウロとこの手紙を受け取ったピリピ教会との出会いは使徒の働き16章に出てきます。パウロはテモテを連れてマケドニアの主要都市ピリピに向かい、婦人や看守の家族からピリピ教会が始まります。ピリピ教会にとってパウロは自分たちに初めに福音を伝えてくれた人。大先生。ですがパウロは自分を「キリスト・イエスのしもべ」と書きました。しもべとは奴隷です。

人は何かしらに支配されていると言われています。人の言葉や過去の出来事、感情やこうあるべきといった価値観などです。しかしパウロとテモテを支配していたのは、自分の計画や人の言葉ではなくイエス・キリストでした。自分を条件つけずに愛してくださる主人をもっていました。

キリスト・イエスにあるすべての聖徒たち…へ

 キリスト・イエスに愛されている、それをパウロはピリピ教会にもあてはめました。ピリピ教会が完全な教会であったからではありません。ここにもややこしい人がいて問題もありました。

「聖徒」とは聖人のことではありません。イエス様のものと区別された人を意味しています。パウロはピリピ教会をイエス様のために取り分けられた教会として見ていました。私たちは教会に対して、あの人に対して批判をすることがありますが、パウロはすでにイエス様のために取り分けられた教会、人として見ることができました。パウロはイエス様を通してピリピ教会を見ていました。

父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安がありますように

 恵みとは救い、救われたから平安があります。そしてこの恵みと平安を与えることができるのは神とイエス様だけです。

パウロの中心にはいつもイエス・キリストがありました。自分は何者か?教会やあの人の見方は?恵みと平安の源は?私たちの中心もイエス様となっているでしょうか?

5月8日(日)の礼拝は、ピリピ人への手紙1:3-11から「私はこう祈っています」と題してメッセージです。

人に心を配る人は幸せ

2022年4月24日(日)

詩篇41篇は、第5巻あるうちの第1巻の終わりに置かれています。この詩篇は第1篇と同じく「幸いなことよ」で始まりますが、読んでみると病のときに歌われた詩篇であることがわかります。4月24日(日)の礼拝は詩篇41.1-13から「人に心を配る人は幸せ」と題してメッセージです。

病の中で

 この詩篇を歌ったとされるダビデはこのとき病の中にありました。ダビデはたましいの癒しと自分が罪ある者であることを主に祈っています。

これは病になったのは罪があったからだ、バチが当たったのだと言っているのではありません。ただし病を通して教えられることがあります。これまで当然と思っていたが実は神様の恵みだったこと、自分が傲慢になっていたことなどです。また何よりもここが天国ではないことを教えられます。病は神へと、救い主イエス様の十字架へと私たちを向かわせます。

親しい者の裏切り

 さらにダビデを苦しめていたもの、それが周りの人からの心無い言葉や態度でした。お見舞いには来ますが、心配ではなく嘘の言葉を投げかけられました。きっとダビデにとって一番苦しかったのは9節にある親しい者の裏切りです。実はこの言葉を新約聖書で引用された方がいます。イエス様です。イエス様はご自分がユダに裏切られることを告知するときにこの言葉を読まれました。ダビデも親しい者の裏切りを経験します。このとき自分ならどうするでしょう。

それでも神様に向かう

 病、親しい者の裏切りの中でダビデは神様に向かいました。この詩篇は大きな苦しみの中でそれでも神様に向かうことを教え、私たちを励ましています。

10~12節の御言葉はすべて神様への信頼を表しています。このときダビデは敵の復讐そのものではなく、自分が癒され神に喜ばれていることが敵への報いになると信じて求めます。そして自分を立ち上がらせてくださる主への賛美をもってこの詩篇をとじるのです。

弱っている人に心を配る人は、その人も自分の弱さを知り神様から心を配られていることを知っている人。だから幸せなのだとダビデは教えます。私の弱さに心を配ってくれる神がおられることを知って私も心を配れますように。

5月1日(日)の礼拝は、ピリピ人への手紙1:1-2から「私の中心にあるもの」と題してメッセージです。

驚きの復活

2022年4月17日(日)

イースターおめでとうございます。

日曜日はイエス様がよみがえられた日。4月17日(日)の礼拝はマルコの福音書16.1-8から「驚きの復活」と題してメッセージです。

イエス様のお墓に向かう女性たち

 安息日が終わってマグダラのマリア、ヤコブの母マリアとサロメの三人は、香料を買い、週の初めの日の早朝、イエス様のお墓に向かいます。この三人の女性は最後までイエス様に仕えていた人たちで、イエス様が十字架にかかられ、お墓に葬られるのを見ていた人たちでした。当然そこにイエス様のからだがあると思って、お墓の前に置かれている石をどう動かそうかと話し合っていました。

転がしてあった石

 ところが三人が目を上げると、その石は転がしてありました。神様がイースターにしてくださったこと、私たちにこれからもしてくださることは、私たちが、もう当たり前だ、当然だと思って受け入れているところを覆してくださるということです。だから女性たちは驚いたのです。しかもわっとビックリしただけではありません。非常に驚いたのです。それもそのはずです。今まで当たり前だと思っていたことが、当たり前ではなくなったからです。そこにあると思っていた石が動かされ、そこにあると思っていたイエス様のおからだも。

よみがえらされたイエス様

 天使は言います。「あの方はよみがえられました。」この言葉は受け身形で書かれています。イエス様はよみがえらされたのです。父なる神様によって。

神様の復活の力とは、今まで誰も見たことも聞いたこともないような、亡くなって三日目の人をよみがえらせるような、とてつもなく大きな力です。神様はこの復活の力を私たちにも与えてくださいます。私たちの心や体の力がゼロになったとしても、神様はそこから復活させてくださいます。

 教会はイエス・キリストの復活を信じています。神がイエスをよみがえらせたということを信じています。私たちが当たり前に受け入れていることよりも、神様の力が大きいということを信じます。

神様の力が私たちをどんなに驚かせてくださるか、わくわくします。

4月24日(日)の礼拝は、詩篇41.1-13から「人に心を配る人は幸せ」と題してメッセージです。


Copyright © 2010  天授ヶ岡教会 All rights reserved